グループウェアのお申込で業務の革新を

グループウェアとは、企業など組織内のLANを活用して、情報の共有やコミュニケーションの効率化を図り、協調作業を支援するためのシステムソフトウエアの総称です。
主な機能としては、グループ内のメンバー間や外部との連絡を円滑化する電子メール機能、メッセージの交換ができる電子掲示板機能、情報ファイルや仕様書などを登録し、メンバー間で共有するライブラリ機能、スケジュールを共有したり、会議室の空き状況や予約状況を管理するスケジューラ機能、メンバーの打ち合わせや議論を行うための電子会議室機能などがあります。



グループウェアのシステムにより、複雑な社内申請をペーパーレス化できたり、海外に進出している企業の戦力になったり、気になる情報をいつでも調べたり保存できることから、知識やモチベーションアップに繋がり、更には業務の生産性も大きく向上するとして、インターネットの普及に伴い、近年は中小企業や大企業の事業部内での導入が進んでいます。



グループウェアのお申込方法は、大別するとインストール型とサービスレンタル型の2つの形態があります。
インストール型は自前で用意したサーバーに、パッケージソフトをインストールする方法です。お申込の手順は、申込書をダウンロードし必要事項を記入して、郵送かメールで送るだけで完了します。


サービスレンタル型は、サービス提供業者とお申込の契約をし、グループウエアをレンタルする形での利用となります。



サービス提供業者がソフトウエアの管理を行ってくれますから、社内に詳しい人がいなくても安心です。